カードローンの仮審査と本審査の違いとは?

カードローンのサービスを提供している業者の中には、サイト上に仮審査が用意されている事があります。この仮審査はあれば受けておいて損がありません。

カードローンの利用をしたいと考えた場合に避けては通れないのが審査です。審査では年収や雇用形態等、様々な条件が業者の基準に達しているかどうかを確認していきます。この基準というのは業者によって異なりますが、明確な基準は公表されていません。ですから、審査を受けてみるまで、基準に達しているかどうか判断をする事が出来ませんが、審査に落ちてしまうと信用情報に傷がつき、他のカードローンおすすめ業者で借入をしたいと考えても、信用情報が原因で審査に通りにくい状態になってしまう事があります。

仮審査というのは、年収や雇用形態等、とても簡単な情報を入力し、送信をすれば、現在の年収が基準に達しているかどうかを自動的に判断し、その結果をメールで届けて貰えるサービスです。利用をする事で、年収が基準に達しているかどうかを知る事が出来ます。この仮審査の大きな特徴は、カードローンの本審査のように、その結果が信用情報に記載されないという事です。

ですから、結果が悪くても信用情報に傷がつく事はありません。更に結果が悪い場合、その業者で審査を受けないようにする事で、信用情報に傷がつく事を防ぐ事が出来ます。仮審査に通れば本審査に通るという訳ではありませんが、カードローンの審査を受ける前に、仮審査を利用しておいて損はありません。